IT連携による家電の省エネ

近年の諸上に技術の進歩には目を見張るものがあります。

省エネの情報がわかりやすく紹介されています。

今までであれば、家電そのものに省エネ技術を搭載し、省電力で動かして電気代を安く抑えることが主な目的とされてきましたが、最近ではスマートフォンで家電の稼働状況を把握し、管理し、動かすことができるようになってきました。専用のアプリを使うことによって、特にはエアコンの運転状況を把握したり、電源を入れたり切ったりすることができます。

家に小さい子供を残していく親にとっては、子供に合わせて家電の運転状況をコントロールできるのは安心かもしれません。同じようなことですが、家に防犯カメラを設置して、それをリアルタイムでスマートフォンでチェックできるようになっていることも、技術革新の一つです。



家電の運転状況をスマートフォンで管理することで、家電が元々持っている省エネ性能に加えて、無駄な運転をカットできる、人為的な省エネ対策ができることはとても助かります。

省エネ管理できると家計の管理にもなりますので、今後同様のサービスができれば、大きく家電事情も変わってくるかもしれません。



現在では一部のメーカーの取り扱いとなっており、すべての家電やメーカーができるわけではありませんが、今後同様のサービスの広がりに期待です。最近ではマンスリーアパートのサービスの一環として提供しているところもあるようですが、そうなると一人暮らししている人などは、暑い真夏に外から帰ろうとしているときに予めエアコンを入れたりできるので便利です。