省エネの複合機を使うメリット

今、市場には省エネを売りにした商品が数多く出回っています。

省エネ情報は初心者にも分かりやすいです。

省エネの商品が市場に出るようになったのは、石油、石炭、天然ガスなど、限りのある資源をなるべく長く使えるようにと、資源を節約することに重きを置くようになったためです。

そのような数ある商品の中で、多くの会社に設置されている複合機の省エネ化には、どのようなメリットがあるのでしょうか。


複合機は、コピーをしたりパソコンから資料や文書を印刷したりFAXを送ったりと、ほとんどの企業で使用されているOA機器です。


仕事をしている時間は、複合機は常に動いている状態になります。複合機の大きさや種類によっては、消費電力も大きくなります。



省エネ化された複合機のメリットの一つ目は、経費を削減できることです。

複合機は数年単位で新しい機種が発売されています。そのため、5年前に購入した複合機と最新の複合機の消費電力を比較すると、あるメーカーでは約70%電力をカットすることができたというデータがあります。


年単位でみると、約5000円の削減が可能になったケースもあります。


毎日使う機器のため、削減効果も期待できます。
メリットの二つ目は、従業員の手間を少なくすることができるということです。



省エネタイプの複合機には、タイマー設定で5分触らなかったらスリープモードになる、夜8時から朝7時は電源が切れる、といった機能が備わっていることが多いです。
そのため、電源の消し忘れに気を遣う必要がなくなり、別の業務に集中することができます。

こうしたメリットを生かし、経費の削減をすることができるのは、会社にとってもいいことです。